REPORT

[テスターレポート]佐藤俊介Vol.4 藻場はハイビートで♪

こんにちは
宮城の佐藤俊介です

今回も私の好きなシャローの磯マルゲームを楽しんできました。

水温も20度を越えるとシーバスたちもサラシやシェードに入り狙いやすくなります

今回の遊んできたエリアは藻場

通称『藻場ゲー』です

藻場でシーバスを引き出す上で一番重要になるのが潮位

潮位が低いと海草が広がりルアーをトレースするコースが少なくなります

狙いは満潮から干潮にかけてです。

海草の上やエッジ、ポケットで食わせるのが藻場ゲーの醍醐味

ここで使うのがアストレイア127ハイビート!!

フックを純正の4番から5番に下げ、よりテロテロとスローリトリーブできるようにようにチューンしての使用です

波のタイミングを見計らってテロテロとスローリトリーブ

巻いていると藻場のポケットから豪快に食い上げて水面が爆発!

キャッチしたのは、この時期らしい真っ黒なランカー磯マル!

キャスティング泉バイパス店さんと共同開発中のオリカラ(グリーンテクニシャン)での釣果でした。

アストレイア127ハイビート楽しいルアーです!
バスのスピナーベイトみたいな感覚で巻いてみてください!バイト丸見えは病みつきになりますよ♪