1_1_22
一口サイズ、流れにシンクロするナチュラルアクション、若干深いレンジ…
清流鱸の名手、岡崎好伸が辿り付いたリバーシーバスゲームの一つの答え

ダウンサイズは小型狙いに非ず。真の狙いは低活性、スレへの対応
喰わせのランドラゴ  ・・・誕生

◆レンジ
『淡水』で最大50cmと若干深めの設定。警戒心の高い大型魚やスレた個体など水面まで出切らないシビアな魚の口元まで送り込めます。

◆アクション
河川の複雑な流れでも破綻せずロール+スラロームアクションで泳ぎ切ります。ランドラゴ120Fより控え目のアクションは流れとシンクロし、ナチュラルに流下するベイトを演出。アピールよりもナチュラルさを重視した。もちろん流れの強弱の境で自動で発生するフラつきアクションは健在です。

◆立ち上がり
磁力の強いネオジウム磁石と内部構造の工夫でリップレス構造ながら抜群の立ち上がりを実現。着水直後のリトリーブやドリフトにも機敏に反応します。

◆飛距離
ネオジウム磁石とスチールボールの組み合わせで高体積のフローティングプラグながら十分な飛距離を実現した。

ボリュームとアピールに優れるランドラゴ120Fとのローテーションでリバーを攻めきろう

Length:90mm   Weight:14g   Hook:がまかつSP-MH#4   Price:¥2,080+税
2016年9月発売 
※#131:秋季限定カラー  #152,153:限定ゴーストパールカラー

ラインナップ

※クリックすると拡大します。