REPORT

[プロスタッフレポート]岡崎好伸Vol.38 静と動のリバーゲーム

皆さま、こんにちわ。プロスタッフの岡崎です。
台風で梅雨前線が活性化して各地で大雨の被害が出ています。被災された皆様、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

今回の大雨の前の情報ですが、僕のホーム九頭竜川水系は水温がようやく安定してきて、下流・上流ともに釣果が上がってきました。

下流域ではバイブレーションによる動の釣りで安定した釣果が出ており、数釣りもできます。

そんなバイブレーションゲームで僕の先発はキールバイブ75飛距離が出て、寄せと喰わせの高レスポンスな波動が効果的で登場回数が多いです。

ショートバイトが多い時はサイズ」と「カラー」のローテーションをする事で、バイト数が増えたり深いバイトになったりするので是非お試しください。

手っ取り早いのはキールバイブ62にサイズダウンさせる事。やはり一口サイズの小型ルアーはバイトが増える傾向が強いです。キールバイブ62は7cm以下なのに飛距離が出るので使い勝手は抜群です!

カラーチェンジはバイトの質を変えてくれる事が多々あります。可能なら3色以上のカラーを投げ比べてみると、その時の当たりカラーを正確に見つけられますよ♪
僕はサンライズチャート→ブルピンイワシ→ダブルチャートクリアといった感じでローテーションしています。

 

また、上流域では新緑なロケーションをバックにサーフェスドリフトという静の釣りも開幕しています!

瀬落ちからのショルダーや、ヒラキ、流れの両サイドなどのポイントにランドラゴを流せば綺麗な清流鱸に出会えます。

今のところベイトサイズの影響なのかランドラゴ90Fに分があります。これから徐々にベイトサイズが上がってくればランドラゴ120Fの本領発揮になります。

ランドラゴに関しては、「ラインスラックを取るだけの表層ドリフト」→反応なければ「デッドスローで少しレンジを入れながらのドリフト」といった具合に水面から攻略していくのが効果的です!

 

他地域のリバーゲームも同様に静と動の釣りが楽しめるはずです。是非お試し下さい。

Rod:LANSPEC88ML
Lure:KeelVib62KeelVib75LANDRAGO90FLANDRAGO120F

※降雨後や増水時の河川での釣りは十分にご注意ください。※