REPORT

[テスターレポート]佐藤俊介Vol.14 オベリスク77MML実釣レポ

宮城の佐藤です
先日、今季初のランカー磯マルをゲットしたので、リバーシーバスを狙いにいってきました。

まだまだ時期尚早ですが・・・昨年11月に発売したオベリスクを満足するほど使ってなかったので「単純に使いたい!!!」という気持ちを優先したのですが(笑)

使ったのはオベリスク77MMLグラディウス

この川は両サイドがリップラップ(ゴロタ)で形成された小規模河川。

そのリップラップに入っているベイトが出ていく干潮のタイミングを狙うため、タイドグラフを見て最高のタイミングで釣行しました。

まずはアストレイアシャロー99Fでリップラップのブレイクラインを舐めるように通しランガンして行きます。

キールバイブ75で敢えて軽く根に引っ掛けてから外すハングオフパターンも試しながら探っていくもシーバスからの反応はありません。

残されたルアーはやはりドリフトペンシル75

ジョーカー的存在のドリペンをリップラップのブレイクを通して行くと・・・

トゥン

懐かしいバイト!

そう、ドリペン75が大好きなクロソイが次々と釣れてきます(笑)
外道ですが、やはり釣れると嬉しいもので、その後もドリペンで連発を楽しみました。

20170404sato
さてオベリスク77MMLグラディウス

なによりショートロッドなのにとてもパワーがあることが一番の特徴です

クロソイなどの根魚は障害物の影からルアーに襲い掛かり、すぐに障害物に戻ろうとします。そのダッシュ力は小型でも強烈!油断していると、バイトの直後に根に潜られてしまいます。

そんな根魚の強烈なダッシュを捻じ伏せて、一気に根から引きはがしランディングに持ち込めます!

またハリがあるので根掛かりを外しやすく、ハングオフパターンもやりやすいです!

そしてショートロッドなので軽くて操作性が高くリップラップを舐めるように微妙なレンジコントロールしたり、手返し良くランガンしていくのに最適です。

シーバスゲームでもそのまま活きる特徴ですよね?
リバーシーバスが開幕したらオベリスクで楽しんで、また報告します♪