REPORT

KEINONレポート Vol.1 ゼロテンロッド誕生の経緯

ケイノンスタッフの田辺です。宜しくお願いします。
沖釣りブランドKEINONケイノンが立ちあがりました。

 

その第一弾商品がマルイカのゼロテン釣法用のロッド「テウシーダ」です。今年のフィッシングショーのエクリプスブースでプロトとして展示していたロッドです。

今回のレポートは、このテウシーダを開発するに至った経緯を紹介しようと思います。

 

まず最初にマルイカ釣りで流行著しい『ゼロテン釣法』について説明します。

シンプルに説明すると、オモリをボトムに付けてラインを張らず緩めずの状態(ゼロテンション)をキープする釣法です。大きな特徴としては下記の2つ。

①アタリが増える
ゼロテンションをキープできると、船の揺れによる仕掛けの上下を少なくできるのでマルイカがスッテに触りやすい状態を作り出せるのです。

②アタリを感じ取れる
ラインテンションが少ないため、従来の道具と釣り方では感じられなかった微細なアタリが大きく感じ取れる。

アタリが増えて、感じ取れるようになるので、マスターすると爆発的な釣果を出せるようになります。

こんな釣果を目の当たりにして、チャレンジした人も多いと思います。

 

でも そんなに甘くは無かったはずです

極細・極柔のティップを搭載したロッドを手に入れて釣行!しかし、人から聞いた話や誌面に書いてあるように「簡単にアタリが出た!」という人がどれだけいたでしょうか?

かくいう私も、東京湾フグ用の「ソレ」に適したロッドを新調し、期待を胸に釣り場に向かいました。

結果はもちろん惨敗。

感想は「簡単にアタリが出る」ではなく、「より多くのアタリを得る為にとても難しいことをしている」といったイメージでした。

 

オモリをボトムにコンタクトさせ、ラインテンションを張らず緩めずの状態(ゼロテンション)をキープする。

この基本の動作は簡単そうに聞こえますが、船上では揺れなどの様々な要因が重なり実践が難しく、次第にゼロテンションを維持することにストレスを感じるようになっていきました。もはや、オモリをボトムから離さない事だけに集中し、アタリどころではなかったのです。

 

誰でも

ストレスなく

ゼロテンでアタリを取れる竿が欲しい

 

そんな想いを胸に、幾度もの実釣を重ね、試行錯誤をして出来上がったのがテウシーダなのです。

次回はゼロテン専用ロッド「テウシーダ」の特徴を解説していきます。

カーボンソリッドティップという選択
.
.