REPORT

[モニターレポート]吉岡春彦Vol.4 磯シーズン開幕♪好調ロックショア☆

皆さんこんにちは吉岡です!

私の釣行するエリアは北よりの風が吹くと時化ます。なので冬型の気圧配置でググっと寒くなる時こそ、ロックショアゲームが熱くなるんです!

今回はフルフロウ120Fの性能を最大限に引き出すべく、色々なチューンを施して磯に向かいました☆

予報通りの強風でしたが、向かい風でもしっかり飛びます♪
風が吹く事が多い磯では、横風や向かい風でも飛ぶキャスト性能が必須ですがフルフロウ120Fは全く問題ありません。

あと、ちゃんとリップがあるので「ラインを風に乗せながら狙いたいピンを撃つ!」といったアプローチがしやすかったり、操作性が良いのも嬉しいですね。

使い方は色々と試していますが、現段階で楽しいのはスローリトリーブ+ストップ
巻き過ぎないように注意しながら、流れに噛ませてスローにリトリーブします。引き波でアクションが大きくなったらリトリーブを止めると自動的にカウンターが入るので喰わせの間を意図的に作れるんです!

ヒラスズキはプカプカと浮いてる物に顕著に反応します。ポイントとなるピンスポットの手前でデッドスローにすると教科書通りに多数ヒットしてくれました☆


カラーですが、当日は太陽が出て居たので超フルメッキが大活躍!

一見シンプルでアピールが強いのでスレが早そうに見えますが、非常に万能なカラーでベイトが小さくても、しっかり反応して来ます♪


これから磯マルもヒラスズキも春まで楽しめるので休みに時化る事を願って居ます(笑)

最後にちょっとした工夫ですが簡単なチューンをご紹介します。

ラインアイにスプリットリングを付けるだけです!このスプリットリングにスナップを接続して使うんです。スナップを使ったコンビリング風ですね(笑)

スプリットリングを介する事で、スナップ単体で使用するよりも支点が増えます。そうするとデッドスローで巻いた時のカウンタースライドがかなりオートマチックに入ります!

是非お試し下さい♪

Rod REXEATER107MM
Line VARIANT PE#1.5
Lure FullFlow120F