REPORT

[プロスタッフレポート]岡崎好伸Vol.28 厳しい現状と迫る秋

皆さまこんにちわ。プロスタッフの岡崎です。
暑い日が続いていますが、体調など崩さないようご自愛下さいね!

 

人間もバテ気味ですが、河川内のシーバス達も活性が低くなりがちなこの時期。その要因の1つとしてあげられるのが『低酸素現象』です。水温の上昇により水の中に含まれる酸素が少なくなり、シーバスの活性が著しく低下し釣れずらくなるのです。

 

こう言った場合は堰周りやインレットなどと言った、酸素と水が掻き混ぜられている様なポイントに絞るのが◯。
狙い方などは前回のレポートを参考にして下さい。また7月に発売したザ・シーバスに堰の攻略法が掲載されているので合わせてチェックしてみてください。

 

そして夏の終わりと共に、落鮎のシーズンも近づいてきます。

より表層を意識した釣りで、水面でド派手なバイトが炸裂する豪快な釣りのシーズンが始まります。昨年のレポートで紹介したサーフェスドリフトを今から練習しておくと最高のシーズンを思いっきり楽しめますよ♪


このムフフなカラーは今シーズンに…

視認性が高い、より表層ドリフトに適したランドラゴ120Fのスペシャルカラーも進行中です。

どうぞご期待下さい!