REPORT

[テスターレポート]佐藤俊介Vol.19 続アシゲーム

宮城の佐藤です

前回、レイピアでの葦撃ちを楽しんだら…ハマりました(笑)

やっぱりストラクチャーを撃っていく釣りは面白い!

とくにオベリスクのようなショートロッドはキャストもビシバシ決まるし、ファイトもダイレクトで「釣った感」があって楽しいですね~♪

そんなダイレクト感溢れるロッドで、今度はデカいのを釣りたくて北上川に行ってきました。

前回同様に葦のストレッチを撃っていきます。

が、北上川は着水やフォールでのバイトは少ないのでイナッコをイメージしてシェードをゆっくりリトリーブする「巻き」の釣りが主体になります。

 

北上川と言えばバルサ製のシンペンで有名な『オライノ』のルアーがご当地ルアーとして知られています。

 

そのオライノとエクリプスがコラボして、イベント限定で販売している『ドリフトペンシルウッド100』
20170724sato00

これをチョイス!

 

やっぱり地元で作られたルアーは釣れる

 

目の前でガツッ!と食ってきました!

20170724sato01

85センチ
北上川で言う『ちょっと良いサイズ』が釣れました(笑)

20170724sato02

ロッドはオベリスク80MLレイピア

109gと軽くて、曲がってくれて、このサイズでも難なくランディングできるパワーもあります

非常に楽しくて良いロッドですね!

そしてドリフトペンシルウッド100

今回はスローで釣れましたが、ナイトでは意外と速巻きでよく釣れるんです!

普通のシンペンは速巻きすると、浮き上がって水面を割ってしまうものが多いのですが、ドリフトペンシルウッド100はバルサの水噛みの良さと、この形状からも分かる通り浮き上がりを抑え、水中を粘り強く泳いでくれます

すごく釣れるルアーですのでイベントで見かけたら買いですよ!

噂では来年のドリペンウッドは何か変わるとか変わらないとか(笑)
楽しみです♪

Rod:Obelisk80ML Rapier
Lure:Drift Pencile Wood 100