REPORT

[テスターレポート]佐藤俊介Vol.13 釣果が変わるデータ収集

宮城の佐藤です
私の住む宮城もようやく気温が上がってきました。

例年ですと、そろそろ開幕する宮城の磯マルゲームですが、今一つ釣果が聞こえてこない状況に痺れを切らして調査に出かけました。

 

朝一からポイントの水温を測って回ると、例年よりも若干高い。
なのに釣果が聞こえてこないということは…ベイトの接岸が少ないのか?

 

午後からはニンベン仲村氏と合流し、シーズン初期に実績の高いエリアに商品テストを兼ねて釣行。

シーズン初期は『マズメ』のヒット率が高いのも注目です。
ベイトが動くタイミングで捕食しているのでしょうか?

 

数か所回った後に夕マズメに入ったポイントで読み通りヒット!

しかし残念ながらキャッチできず…終了。

 

魚が入っている事は証明できましたが、悔しすぎます!

あまりの悔しさでキャスティング仙台南店様のイベントの翌日も磯へ(笑)

 普段はアストレイア127Fハイビートで攻めるシャローポイントですが、潮位が高かったためアストレイア127F-SSRでレンジを合わせてスローリトリーブすると・・・

20170323sato01

出ました!

この時期らしいデップリした個体に大満足です!

ニンベンさんに見せたかった~

20170323sato02

釣りは技術も大事ですが、データを記録しておく事もとても大事だと感じています。

水温、風向き、ベイト、釣果などを記録することで、今回のようなシーズン初期や終盤の見極めの精度が上がりますし、釣果が安定しない時期の対策にもなります。自分はデータをとるようになってから大型の釣果が増えました

データを読み解いて状況に照らし合わせ、ポイントやルアー、攻め方を選択していく

これもルアーフィッシングの楽しさの一つだと考えています。

 

皆様もマイポイントのデータを取って記憶に残る一尾を狙ってみてください!

Rod:VARIANT REXEATER107MM
Line:VARIANT PE1.5
Lure:ASTRAIA127F-SSR